会社情報

営業課長インタビュー

営業課長インタビュー

Q.当社営業業務の紹介

リテール営業部では個人分野の大衆的な保険を取り扱っています。
営業の柱は主にふたつで、丸紅グループ内の従業員向けに、福利厚生の一環として加入可能な団体保険・団体扱い保険を周知し加入手続きを行い、丸紅グループ外の一般のお客様向けには、火災、自動車、アフラック、医療、がん等の身近な保険を幅広く取り扱っています。
近年は、会社が従業員にかける法人契約の福利厚生商品も手掛けており、労働環境の改善につながる福利厚生の充実にも注力し、社員の定着率を高めたいと考えています。

法人営業部では、企業が抱える様々なリスクに対して保険でヘッジ可能なものを提案しています。お客様自身でも把握しきれないリスクもあるため、企業の事業内容をヒアリング調査し、内在するリスクを分析し、そのリスクの顕在化に備える保険の提案をするなど、保険代理店という立場でありますが、保険の提案だけでなく企業のリスクコンサルティングまでを活動範囲としています。

我々が取り扱う保険という商品は、金融商品の1つであり、定型的な形が無いものです。形のない商品を販売するためには、お客様へ提案する方法や内容がより重要です。
既存のお客様に対しての保険契約の更改、新規のお客様への保険商品の提案、双方に通じることですが、先方のニーズを汲み取り最適な保険設計をすることが肝要です。

Q.仕事のやりがいや面白いところ、苦労する、大変な点

リテール営業部は個人のお客様を個々にフォローするため、日中に連絡が付かないケースが多く、高齢者のお客様からも数多く契約をいただいております。後々のトラブルにつながらないよう細心の注意を払っての対応を心掛けておりますが、保険契約更改や事故対応に対して、お客様アンケートでお褒めの言葉をいただけたときやり甲斐を感じます。
苦労する点としては、対応するお客様の多さが挙げられます、膨大な契約数に対するフォローを完璧にこなすことは大変です。
お客様アンケートについては、良い評価も悪い評価も部内共有し組織一丸で業務の改善点を洗い出しています。

部下の成長を目の当たりにしたとき、管理職冥利に尽きます。
配属された当初は右も左も分からず、先輩社員の助けなしに行動できなかった若手社員が、スポンジのような吸収力で様々な経験を積み、積極的に自分の意見を述べるようになり、1人でお客様のもとに訪問できるようになっていく姿をみることで刺激を受けています。
中堅社員には、視野の広がりを感じています。今までは物怖じしてしまい自身の意見を伝えることが出来なかった経営者のお客様に対して、積極的に新しい商品の提案を展開するようになってきました。その姿を間近で見ることが楽しみにもなっています。
大変な点としては、部下全員のお客様対応についてフォローしきれないケースがあり、こちらの不手際に対しお客様からお𠮟りを受けることですが、それも管理職の責任のひとつとして捉えています。

お客様の事業において重大な事故が起きてしまった場合、企業に与えるインパクトは非常に大きなものですが、保険を通じ保険金のお支払いというかたちでサポートができた際には、お客様から非常に喜んでいただけることもあります。お客様から、新たなリスクに対しての保険設計の相談を受ける場合もあり、そのニーズを満たす商品提案ができた際にも法人損害保険営業としてのやり甲斐を感じます。

Q.面接時、学生をみているポイント

営業職に馴染めるかの適性、仕事にはつきものであるストレスへの耐性、保険代理店業界に対する志望度、特に、数ある保険代理店のなかから当社を選んだ理由を見極めています。面接の中で、具体的な業務内容についての認識の摺り合わせを行い、入社後のギャップが生じないよう、当社に定着してもらえるよう注意しています。

第一印象を特に重視しています。一般的に、面接は第一印象で決まると言われますが、面接室のドアが開いた瞬間の第一印象が明るい学生からは面白いエピソードを期待してしまいます。
法人損害保険の営業は、相対するお客様が企業の経営者、上役であることが多いので、物怖じせずはっきりと意見を言うことが出来る、さらに言えば様々な業界に興味を持ち会話の引き出しが多いこと、視野の広さなどを見ています。

Q.若手社員に対して感じていること

お客様に最適な提案をすることを念頭に置いて日々の営業活動に取り組んでおり、非常に頑張ってくれていると思います。
一方、先の話にはなりますが、5年後10年後に自分がどういった立場で会社を背負っていきたいのかを真剣に考えることもして欲しいと感じています。若手社員同士は非常に仲が良く、保険会社から新商品の販促依頼を受けた際に横連携し保険設計について意見を出し合うなど、仕事上の相談を積極的に行っている姿をみているので、良い部分はそのままに成長を続けてほしいですね。
仲の良さ故に、競争心を表に出す若手社員は珍しいですが、なかにはそれを隠さず口に出す若手社員もいて、非常に頼もしく感じています。

非常に優秀で新しい物事への吸収力は高いはずですが、自分の担当している保険商品以外に目を向ける姿勢が足りないように感じています。法人損害保険と個人向けの保険を別個のものとして捉えず、当社が取り扱っている商品全体を理解するよう努めてほしいですね。
サイバー保険のようなIT関係の新種保険に対しては、熱心に取り組んでくれています。
丸紅グループ外への展開についても、失敗を恐れず挑戦心を持ち続けることです。

Q.新入社員に期待すること

失敗を恐れず、やりたいことを積極的にアピールしてほしいですね。新入社員の失敗は当然のこと、責任は上司である我々がとります。
お客様とのコミュニケーションに話題を欠かないよう、視野を広く持ち、保険業界以外の事柄にも興味のアンテナを張ること。最終的には、会社から独立出来るレベルの技術と知識を身に付けるくらいの気概を持って働いてほしいですね。
アフターファイブの過ごし方にもひと工夫して、社内の飲みにケーションも大切ではありますが、英会話教室やビジネススクールに通うなど自身の付加価値向上に繋がるような時間の使い方を心掛けてほしいですね。

先ずは、先輩社員や上長から与えられた仕事のスケジュールを守って、そつなくこなすこと。自分の仕事にある程度自信が持てるようになったら、徐々に自分の意見を周囲に伝えて、業務の改善提案を出来ればいいですね。
保険代理店で働くことの醍醐味は、様々な業種・業界・業態のお客様と取引ができ、学ぶ機会が無数にあるということです。自分が取引先に入社した気持ちになって、保険でヘッジ可能なリスクを想像することも仕事をするうえでの楽しみになっていくでしょう。